アンチエイジングとは|老化を遅らせ若返る

リフトアップで解消

鏡を見る女性

顔のしわが濃いほどに年齢は高く見られるので、アンチエイジングを行う際には、ほうれい線のケアが重要となります。ほうれい線は加齢によっても深くなりますが、若い人でも肌の状態が悪化すれば深くなります。例えば、肌の乾燥によって皮膚下の水分量が減れば、肌を支えることができなくなり、ほうれい線が深まるだけではなく顔全体の皮膚が垂れ下がり、より老けた印象を与えることになるでしょう。また、洗顔の際にゴシゴシと力を込めて皮膚をこすると、皮膚がダメージを受けてほうれい線が深まる原因となるので、注意しましょう。ほうれい線は美容クリニックで薄くすることができますが、ほうれい線の種類によって施術方法は異なります。また、アンチエイジングに効果的なほうれい線治療には様々な方法があり、希望によって選択できることもあるので、よく比較して自分に合った施術方法を選びましょう。ほうれい線の改善に用いられる治療は、大きく分けて三種類存在します。一つは、ヒアルロン酸注射で皮膚を持ち上げるという方法です。皮膚が持ち上がればハリが出て、ほうれい線が目立たなくなります。比較的費用が安く施術時間も短く済みますが、効果を持続させるためには、定期的に施術を受ける必要があります。他には、レーザーや光を照射することで皮膚に意図的に火傷状態を作り出し、自然治癒能力を引き出すという方法もあります。この方法を取ると、ほうれい線を薄くする他にも顔全体の肌にハリとツヤが出るので、高いアンチエイジング効果が望めるでしょう。照射は複数回行うことでより高い効果が現れるので、美容クリニックに定期的に通う必要があります。アンチエイジングとして永続的に効果を得たい場合には、皮膚の下に糸を埋め込むリフトアップ施術がおすすめです。糸の刺激によってコラーゲンの生成が促され、顔全体が引き締まる効果が期待できます。切開して糸を埋め込む必要があるので手術を行わなければなりませんが、一度施術を行えば10年程度効果が持続します。少し前までは糸がつっぱり不自然に見えると、施術を嫌う人もいましたが、近年は顔の筋肉に合わせて動く方法が考えられているため自然に見えます。どの程度リフトアップするかは調節することも可能なので、自然な仕上がりが良いという人は医師に相談しましょう。糸によるリフトアップ施術は、美容クリニックに通っていることを知られたくないという人にもぴったりな施術だといえます。